DISCOGRAPHY >> #1'S

原題:#1's
邦題:The Ones
発売日:1998年11月18日
レーベル:Sony
カタログNO:SRCS 8820

●REVIEW & BACKGROUND
 全米#1に輝いた曲ばかりを集めたシングル・コレクション的な作品で、まさに世紀の歌姫Mariahにしか作れないようなアルバムです。しかもアルバムのタイトルはそのまま"#1's"(Number Ones=1位になった曲集)となっています。全米#1を獲得した12曲(当時の#1ヒットの枚数は全13枚でしたが、アメリカ盤のみに全曲収録されています)その他ボーナス・トラックや新曲も色々と収録。全米では最高位4位で500万枚を売り上げています。

 世間一般には「Mariah初のベスト・アルバム」として受け止められることが多いですが(実際そんな感じではあるんですが)、Mariah本人が"THIS IS NOT A GREATEST HITS ALBUM!"(=これはグレイテスト・ヒッツではありません!)とはっきりと断言しています。また本人的にはグレイテスト・ヒッツを作るにはもっと違うお気に入りの曲を入れたくて、「このアルバムは"#2's"っていう感じかしら」とも某インタヴューで話しています。

 このアルバムはファンに対するお礼の気持ちを表したものなんだそうです。日本ではナント洋楽史上最多の360万枚を売り上げたというスゴイ作品!そしてこのジャケットのMariahの足の長いこと長いこと(笑)インターナショナルのボーナス・トラックとして収録されている"Do You Know Where You're Going To (Theme From Mahogany)"(Diana Rossのカヴァー)がアメリカ盤からカットされた理由としてJennifer Lopezのデビュー・アルバム"On The 6"にも収録されることになっていたから、なんて噂も。

 1998年はMariahにとってビッグな一年でした。Butterflyツアーに続き、3月にはTommy Mottolaとの正式な離婚を発表。4月には世紀の歌姫の競演と謳われた"VH1 Divas Live"に出演し、Mariahの尊敬するAretha Franklinとのデュエットが実現。5月には、モナコで行われたWorld Music Awardsで後に恋人となるLuis Miguelと出会うのでした。

●TRACK LIST
1. Sweetheart
2. When You Believe (From The Prince Of Egypt)
3. Whenever You Call
4. My All
5. Honey
6. Always Be MyBaby
7. One Sweet Day
8. Fantasy
9. Hero
10. Dreamlover
11. I'll Be There
12. Emotions
13. Someday
14. Love Takes Time
15. Vision Of Love
16. I Still Believe
17. Without You (International Bonus Track)
18. Do You Know Where You're Going To (Theme From Mahogany) (International Bonus Track)
19. All I Want For Christmas Is You (Japan Bonus Track)

SINGLES FROM THIS ALBUM

SWEETHEART
邦題:スウィートハート

 "#1's"からはファースト・シングルとしてリリースされた、Jermaine Dupriとのコラボレート作品。Jermaine Dupriのアルバム"Life in 1472"からはサード・シングルとしてのリリースでした。オリジナルはRainy Davisがヒットさせたディスコ・ナンバー。

 シングルには"Sweetheart (The Story)"という全く違うアレンジのヴァージョンも収録されていて、こちらもカッコいいですよ。ミュージック・ビデオはスペインのマドリードで撮影されました。

WHEN YOU BELIEVE (FROM THE PRINCE OF EGYPT)
邦題:ホエン・ユー・ビリーヴ(フロム『プリンス・オブ・エジプト』)

 世紀の歌姫同士の奇跡のデュエットが実現。Babyfaceプロデュースで、ドリームワークスの長編アニメ映画『プリンス・オブ・エジプト』の主題歌としてリリースされました。1998年11月21日付け47位で初登場し、最高位15位を獲得。1999年のアカデミー賞ではBest Original Songを受賞しました。

 メディアではライバル同士と伝えられましたが、実際にはレコーディングから二人はとても打ち解けて、公私共に良い友人関係を築けたようです。やはり声のでかさに関してはWhitneyには遠く及ばないMariahですが、Mariah独特の歌い回しで歌を盛り上げています。

I STILL BELIEVE
邦題:アイ・スティル・ブリーヴ

 Mariahの下積み時代の恩人である歌手Brenda K. Starrが1988年に大ヒット(全米13位)させたポップ・バラードのカヴァーです。オリジナルは1986年にBunny DeBargeが歌ったものだそうです。セクシーに歌い上げたMariahヴァージョンは、1999年2月6日付け69位で初登場し、最高4位まで健闘しました。

 Damizzaプロデュースのリミックスでは、Anthony Newleyの"Pure Imagination"がサンプリングされています。MariahのアイドルであるMarilyn Monroeをイメージしたミュージック・ビデオも必見。